ビジネス研修

HOME» ビジネス研修 »教育研修に対する当社の考え方

ビジネス研修

教育研修に対する当社の考え方

 
「人の改善」と「環境の改善」は同時進行が原則
「研修を受けさせたがあまり変わらない」という経営者や人事責任者の声をよく耳にします。従業員個々の意識や能力が高まれば、現場における生産性は高まり、収益が拡大するという甘い期待感(幻想)を抱いている幹部は少なくありません。

しかし実際は"人は環境に流される生き物です"。たとえ1日、2日の研修の場で個々の意識や能力を高めようと試みても、現場に戻ればそこは相変わらず元の場所です。環境が同じであれば、結局はその環境に引きずられることになるでしょう。

組織の課題は、単に人の問題だけではなく、業務環境やマネジメント環境における要因が多分にあることを踏まえた上で、教育研修を活用されることをお勧めいたします。
 
「スキル」は「考え方」と相俟ってはじめて成果を生み出す
教育研修の場でよく耳にする「スキルアップ(技能向上)」。もちろん、ビジネススキルを高めることはとても大切なことです。しかし、ビジネススキルは持っているだけでは何も生みだしません。個々のスキルはビジネスの現場で他の業務や工程と連携したり、クライアントの要求を満たすことなどに発揮されてはじめて、全体の生産性向上に影響を及ぼします。

ビジネスで大切なことは、スキルをインプットすることではなく、脆弱なスキルであってもいかに積極的にアウトプットできるかということにあります。積極的にアウトプットするためには、スキルそのものを高めることよりも、それを発揮しようと努める態度が必要であり、そのための「考え方」が身についていることが前提となるのです。
 
時流に流されない、普遍的且つ体系的な教育が不可欠
人材の育成はとても時間のかかる作業です。企業の人材育成には大きく2つのパターンに分けられ、「スポット型」と「体系型」です。スポット型とは、時流やビジネス活動の個々の場面に求められる"その時"に必要なテーマを設定して、適宜教育研修を実施することであり、体系型とは、事前に企業が求める人材像を明確に設定した上で、職務や能力に応じて体系的に教育プログラムを組んでいる場合のことです。

前者のスポット型は、研修テーマがその都度設定したものであるため、参加者は受け身になりやすく、「やらされている感」は満載です。後者の体系型においては、人事評価制度と連動させることで、個人の課題を抽出すると共に課題解決施策のひとつとして研修をセッティングしている企業も多くあります。事前に求める人材像が明確なため、社員も自身のキャリアやビジョンを描きやすく、参加意識も能動的になる傾向にあります。
 
当社の研修メニュー
管理職研修

主に部門長や営業管理者、管理者候補者を対象とした研修内容です。
営業スキル強化研修

特に「提案型営業」のスキルを身につけることを目的とした研修内容です。
 
   ※その他企業の置かれた状況に合わせたビジネス研修を組み立てることができます。